令和3年度生徒指導規則

8.保健室利用の方法

 

 本校では、次のような考え方で保健室運営をする。

 

(1)健康相談について

心身の問題について心配がある時は利用する。

 

(2)救急処置について

  1. 校内でのケガや急な腹痛、頭痛、発熱等を生じた時は、保健室での応急処置を行うが、その後の根本的な治療は病院で行う。

  2. 登校前の頭痛、発熱等は原則として救急処置の対象から外れる。登校前の体調不良は病院で治療を受ける。

  3. 長期にわたり治療を要する病気、ケガ等については、救急処置の対象から外れる。

 

(3)利用マナーについて

  1. 入室する際は、症状を詳しく説明する。(利用者の症状が重たく移動や説明が困難な場合は、各クラスの保健委員が引率し、その責務を果たす。)

  2. 授業中の利用は救急のみの利用に限定する。

  3. 休み時間の利用は、原則としてケガや体調不良等の症状がある者を優先に利用する。また、健康相談等は、養護教諭と打合せをして利用する。

  4. ケガや体調不良等の症状があっても、勝手に薬品やベッド等の備品を使用しない。

  5. 体調不調による通院や早退は、学級担任と養護教諭に確認し届出る。

  6. ベッドの利用は原則として1〜2時間とし、それ以上の利用は早退処置をする場合がある。