top of page

【NEWS】出動!あいさつ隊! 本校ラグビー部が臼杵市南中に出前授業


臼杵市南中(小野雅史校長、43人)で5月11日(水)に、あいさつやマナーについて学ぶ出前授業が行われました。



佐伯市の日本文理大付属高のラグビー部員が講師となり、日頃実践している「あいさつ10カ条」を唱和。

生活のさまざまな場面を再現し、マナーを守ることやあいさつの大切さを伝えていました。




人間は物事の一部を見て全体像を想像する傾向があります。このことから、

「自分一人の行動が学校やまち全体の評価になることを意識して、気持ちのいいあいさつをするよう心がけてほしい」と呼びかけていました。  




臼杵南中学校3年の神田珠璃(しゅり)さん(14)は

「一人一人がマナーを守ることが大事と感じた。学んだことを生活に取り入れたい」と話してくれました。


※この記事は、5月14日 大分合同新聞 14ページに掲載されています。

閲覧数:277回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page